ダイエットの法則とは

ダイエットには法則があります。正しい方法で健康的にダイエットに取り組みましょう。

あなたはダイエットをする時に、どのようなことに気を配っていますか?

ただなんとなく食事制限や運動を行っているのではないでしょうか。

無理なく確実に痩せるためには、痩せる仕組みを正しく理解し、代謝やカロリーなど基本的な知識を身につける必要があります。

では、痩せる仕組みについて解説していきましょう。

まず、ダイエットは食事コントロール運動の2大柱と言われております。

これは私たちの身体が食事で得られる摂取カロリーより、体内で燃焼される消費カロリーが少なければ太り、多ければ痩せることに由来しています。

ではそれを踏まえて、やせるためには

消費カロリー < 摂取カロリー

を、

消費カロリー > 摂取カロリー

にすればいい。そう、これだけの話なんです。

これをカロリーコントロールと呼びます。

消費カロリーに対して摂取カロリーが足りなくなると、体は自動的に蓄えていた脂肪たちを燃やして、エネルギーに変えて使うようになります。だからその分やせるわけです。

人間が生きるために最低限必要なカロリーは、1日平均約1200kcalと言われています。これを基礎代謝量といいます。動かないでいても、呼吸したり心臓や内臓が動いたりすることで自動的に使われるエネルギーのことをいいます。

でも現実には仕事したり、学校に行ったり、その他いろいろ活動しているので、もっとカロリーを使ってることになります。もちろんその人の活動量によりますが、

体重(kg)×30=1日の消費カロリー

これが基礎代謝量も含めた1日の消費カロリーになります。

痩せるためには食事のコントロールと運動が大切とはいえ、ただやみくもにカロリーを減らそうとして必要以上に食事を制限したり、負担の大きい運動をしたりするのは危険です。
極端な食事制限は健康を維持するために必要な栄養不足を招き、ストレスや体調不良、肌荒れなどの原因となってしまいます。

また、きつい運動は心臓や腰、膝などの負担になりやすいので、段階的に行う工夫が必要です。
なによりムリなダイエットによって心身がダメージを受けてしまうと、ダイエットが苦痛になり、長続きさせることが難しくなります。「すぐに痩せたい」「結果を出したい」という気持ちは分かりますが、焦らずじっくり続けていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る