【速報】ハッピー脳ダイエットの真実とは??

あなたがなかなか痩せられない理由は、ダイエットによるストレスだった!!

 ストレスがたまると脳と体で食欲の不一致が起こります
猫は、適正体重を維持できる動物といわれています。それは、脳が食欲に歯止めをかけることができます。
しかし人間にはその機能がなく、脳を活性化させるために脳自らが積極的にエネルギーを求めるらしく、
『食べないようにしよう』と思うこと自体が脳にとってはストレスで、ダイエットの邪魔をします。
食べないようにしようと意識することが却って逆効果なんて、どうやって痩せたらいいのでしょうか??
ストレスと食欲の関係について
ストレスを感じると、“コルチゾール”という別名・ストレスホルモンが発生します。
この働きを抑えるために必要なのが、幸せホルモンと呼ばれる“セロトニン”“ドーパミン”で、食べることによって分泌が促されます。
特に、甘いものは効果てきめん。すぐに脳は満足しますが、体にとってはカロリー過多となり、太ってしまうのです。
要するに、「食べてストレスを発散させたい」という欲求に繋がってしまう”コルチゾール”を発生させないように、
その欲求を抑える効果のある”セロトニン”や”ドーパミン”をたくさん発生させるようにすれば、何もしなくても太りにくい体質が手に入るとゆうことです。

モデルの仁香さんが-13キロ痩せた!ハッピー脳ダイエットとは 

モデル仁香が-13kg
ハッピー脳ダイエットってホントにヤセるの?
 
仁香さん
“きちんと食べてちょっと動く”
これが私のダイエット法です!
女性ファッション誌『CanCam』(小学館)の表紙を飾るほどの人気モデルだった仁香さんが、体質やボディラインの異変に気づいたのは、27歳のころ。
「ベスト体重よりも7kgオーバーし、多方面から『ヤセたほうがいいよ』と言われましたね。
ストイックな方法も含めていろんなダイエットに挑戦したのですが、少しヤセてもリバウンドを繰り返し、結局は13kg増しの63kgへ」(仁香さん)
一時期はモデルとしてどん底まで落ちてしまった仁香さん…
そんな仁香さんのターニングポイントとなったのが、“モデル=ヤセなきゃ”という強迫観念を捨てられたとき。
「“3食きちんと食べて、体をちょっと動かす”という、ストレスフリーの生活に戻したら、
ダイエット中よりも食べているのに、体重が減りだしたんです。
それで、『ダイエットと脳って、関係があるのかな』と思ったのが、今回紹介する“ハッピー脳ダイエット”の始まりです。
ダイエット中のコツや、間違ったダイエットをしている人の軌道修正に役立てればと思います」
”ストレスフリー”が綺麗に痩せる合言葉! 

ハッピー脳ダイエットのやり方とポイント

1. 食事は白米が中心の和食がベスト 

白米は、脳に必要な栄養を70%も含む、”ハッピー脳ダイエット食”なのです。
合わせて野菜とタンパク質をバランス良く補えば、ストレスが発生しにくい腸内環境に◎
汁物→野菜→タンパク質→炭水化物
の順番で食べるのが太らない食べ方。

2.  ”「太るかも」と思いながら食べる”はNG

「太るかも」と思いながら食べることによってストレスを受けると、身体はより栄養を取り込もうとしてしまい、太りやすくなってしまいます。
食事は「これを食べれば痩せる」くらいの気持ちで、おいしくいただきましょう。

3. 「~しなきゃ」と思わない

ダイエット中の食事制限はもちろん、「今すぐ痩せなきゃ」と思うこともストレスにつながります。
筋トレなども、ストレスだと感じるのならやめていいんです。

無理のない方法を続けることでハッピー脳になり、体にも嬉しい変化があらわれます。
無理のない方法の方が長続きするというメリットも◎

4. 1年後の理想を紙に書く

思い描くだけでなく、紙に書いたりスクラップするのが痩せるコツ。
脳にそのイメージが強くインプットされ、無意識のうちに脳が痩せやすい身体にしてくれます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る